メインイメージ画像

カタログなどに載せる商品を撮影するビジネスについて

見ただけで対象がわかる写真は人の印象を良くも悪くもイメージ付けする重要な要素です。写真の対象が人の時であればその人の第一印象が決まるし、対象が物のときはそのものに対する印象やイメージが決まります。人を対象に写真撮影する写真屋やビジネスは多々ありますが、中には商品を撮影する職種もあります。商品と言っても様々で、服やタオル等の衣料品や家具などもあり、中には宝石や食べ物の商品撮影もあります。多くの場合、こういった商品の写真はカタログに使用されたり、商品アピールや説明のためにメニューに載せたりします。

そのため商品撮影の多くの依頼は、企業やお店からのケースが多いです。

企業やお店にとっては写真でその商品の第一印象やイメージが根付くため、この商品撮影は重要な工程です。どの様にして魅力的に見せるか、食べ物の場合はいかに美味しそうに見せるか、というのはとても重要なポイントです。写真によって販売数がかなり変わると言っても過言ではありません。ですので、依頼主の企業やお店の写真に対する希望内容も少なくないですが、その希望に応じて商品を撮影するのはさすがプロの業です。

また商品撮影の業者によって違いますが、多くの場合、撮影はスタジオで行います。そのため依頼者は、撮影して欲しい商品を事前に送るか、直接スタジオに持参するかの方法をとります。当然事前に撮影依頼をして、予約を取ることが前提です。商品をスタジオに持ち込むと、どんな感じに撮影してほしいか、どういうイメージなのか、等の希望を業者に説明します。それを見込んだ上で、業者は商品の写真撮影を行います。

写真撮影に要る経費としては、ほとんどの業者では1時間当たり何円と決めているところが少なくありません。撮影した商品の数ではなく、例えて言えば3時間で3万円のようにセットにして決めている場合が多いです。それは1つの商品に対して撮った写真が依頼者に納得してもらえなければ何度も撮り直しになり、時間がかかることからこういった支払いのケースが多いです。今はネットで調べれば、商品撮影を行っている業者がたくさん出てくるので、口コミから選ぶのもオススメです。